長引くウィズコロナ、出口が見えぬまま陽春を迎えようとしています。命芽吹く春に季節の旬食材の出会いものに工夫を凝らし、向い風を追い風に変えるような献立をお楽しみください。冷泉為紀は有馬の春を「春の夜も 眺めはよろし 名なし負ふ 有明桜 さかりなるころ」と詠んでおります。日に日に春めいてくる有馬を枝垂れ桜で有名な善福寺から新緑をお楽しみいただける炭酸泉源公園まで春散歩をお楽しみいただくのも一興です。

【和食の出会いものとは】
 旬を同じくした山と海の幸がともに美味しくいただける組み合わせのこと。例えば有名なところで春が旬の若竹煮。
 わかめと筍を一緒に炊いた物ですが、それぞれ単体で食べるより一層味わい深くなります。遠く離れた海で獲れた
 ものと山で採れたもの、このふたつが奇跡的に「出会ったらとても美味しかった」と言ったところでしょうか。

image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide
image slide

献立

  • 先付

    春兆饗宴

    流氷が去って甘味を増すこの時期のタラバ蟹にいくらの食感とキャビアのコクを合せ、春の旬食材を桜ジュレでまとめた豪華なスターターです。

    タラバ蟹 蛤 芽きゃべつ イクラ キャビア 桜じゅれ(桜花 淡竹 蚕豆 花弁百合根)

  • 八寸

    桜華賑わい八寸

    陽春を迎へ、有馬に集う情景を表現した品々です。季節の出会いものをお楽しみください。

    桜白子豆腐 眼張南蛮漬け 芹と榎木の酒盗玉子和え 釜揚げシラス寿司 木の芽味噌和え(筍・烏賊) 桜海老磯部煮 蕨と蕗の胡麻浸し アスパラ八幡巻 栄螺の菜の花のコンフィ

  • 煮椀物

    桜花爛漫

    産卵前の春から夏が旬のアイナメを香ばしく、桜をオマージュして仕上げ、出汁に満開後の花吹雪く情景をみたてました。

    相並花弁揚げ 筍 スナップ豆 楤の芽 桜麩 木の芽

  • 造り

    春鮮五種

    メインの真鯛は桜のチップで冷やし燻製に仕上げました。季節のお造りと併せてお楽しみください。

    真鯛の桜燻製 生まぐろ 炙り鰆の酢〆 蛍烏賊 甘海老 妻物一式 林檎醤油 ポン酢卸し

  • 強肴

    春の賑わい変わりしゃぶ

    ゆず胡椒がアクセントの和出汁に神戸牛と山海の食材をくぐらせ、お召し上がりください。 神戸牛ならではの口の中で解ける旨味を和出汁に洋のソースを合せて、召し上がるのも一興です。

    神戸牛 ひょうご味どり 海老 帆立 真鯛 三色野菜餅 蕎麦 味噌香るブールブラン

  • 留皿

    春彩緑祭

    春から新緑の季節にかけて次々と旬を迎える山菜と魚をさっぱりと寄せ揚げに仕立てました。

    鰆けんちん揚げ 白魚 こごみ 蕗の薹 野蒜 ベビーリーフ 柚子卸し餡 桜塩 檸檬 重湯とバジルのソース

  • 食事とデザート

    くす玉銀彩三段重

    〆は桜鱒と鱒子にとろろ筍ご飯の出会いものです。それぞれの個性が合わさった口福をお楽しみ下さい。オリジナルデザートは自慢の自家製の甘味です。甘すぎず、さっぱりと食後の仕上げにどうぞ。

    ・桜鱒木の芽焼き 鱒子醬油漬け とろろ
    ・筍と有馬山椒の炊き込み御飯 青豆
    ・洋風どら焼き 葡萄水饅頭 ヨーグルト羹
    【留椀物】
    ・合せ味噌仕立て 豆腐 青菜 粉山椒